害獣駆除やハクビシンは業者が対応【害獣しっしあっちいけ】

二人の男性作業員

害虫との戦い

ハクビシン駆除のサービスが増えてきているなか、ハクビシンは現代の環境が生んだ害獣という認識がされてきています。しっかり駆除を行わなければ住居に侵入される恐れもあります。

Read More

ドライアイスを使用

南京虫というのは、人の血を吸って生きています。南京虫駆除を行わないと、その数を減らす事は難しいでしょう。ドライアイスを使用する方法が一般的で、高い効果を求めるのであれば業者に依頼をしましょう。

Read More

グッズを活用しよう

鳩は糞をする為、洗濯物に糞がつく恐れがあります。近年はあらゆる駆除グッズが発売されている為、ホームセンターで購入をしてみると良いでしょう。鳩が嫌いな臭いがするグッズを置くと鳩は寄って来ません。

Read More

害獣被害を食い止める

害獣駆除の法律と規制

害獣駆除とは人が生活するうえで害を成す獣を駆除することではあるが、多くは人間の活動が動物の生活圏に入り込んだために、動物との軋轢を生じさせている。また、ペット用として人が飼っていたものが逃げ出して自然繁殖し、定着した動物もいる。 日本において在来動物は鳥獣保護法により、許可なしでは捕獲がゆるされていない。ただし、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミについては許可なしで捕獲が可能である。また、狩猟期間中はタヌキ、キツネ、イノシシなど20種は許可または登録を受けた者であれば捕獲することができる。 帰化または籠脱け動物は外来生物法により規制されており、捕獲した動物を野に返したり、運搬することが禁止されている。対象動物としてはヌートリアやアライグマなど25種が登録されている。

害獣の駆除を研究する人達

害獣駆除を生業とする人達は、昨今のペットの多用化により、駆除を対象とする動物の生態、捕獲方法を研究しないといけない。民間業者だけでは駆除方法を確立することは困難なので、大学等の専門機関と連携しながら実施している。害獣駆除の研究機関としては獣医学部、農学部がある大学、各都道府県の保健所などがある。外来生物法に登録されているアライグマ、ヌートリアなどの大型害獣駆除を行う場合は害獣から攻撃される危険もあるため、これらの研究機関、行政、業者に頼んで行うようにすることが重要である。ハツカネズミなどの小型動物を捕獲する場合はホームセンターなどで売られている、粘着剤や毒入りの餌などを使用して捕獲することも可能である。