害獣駆除やハクビシンは業者が対応【害獣しっしあっちいけ】

ドライアイスを使用

南京虫駆除についてはその南京虫の習性をうまく利用することにあります。南京虫駆除にはまず人間の出す二酸化炭素に寄って来る習性があるので準備するものは二酸化炭素を放出するドライアイスとその下に置くお皿を用意します。お皿と言ってもただ適当なお皿を使うわけではありません。内側がつるつるであることと外側がザラザラであることが条件です。これは何故かというと、南京虫というのはつるつるした場所において苦手としておりその地帯の傾斜などを登ることが困難であるためです。一方でザラザラした地帯はつるつるした地帯と比べ段違いに登るのに苦労しません。むしろ得意としています。そうした南京虫の性質を利用し、ドライアイスにておびき寄せるのです。

人の血を吸って生きる南京虫ですが、ドライアイスとお皿を使い南京虫駆除を可能とします。前述で述べた通りに用意するとお皿の外側のザラザラしたところからドライアイスが放つ二酸化炭素に引き寄せられた南京虫をわざと登りやすくしてお皿の真ん中に集まらせていきます。内側はつるつるしているのでその部分は登りにくいのでお皿の中央付近に南京虫を留めておくことが出来ます。そうしたことによって南京虫駆除を可能とすることが出来ます。ドライアイスとお皿の設置場所は発生源となりそうな、例えば畳と壁の間などの暗くて狭い場所がいいでしょう。そこで屯していることが多いと聞きます。しかし発見すれば早期に保健所などに連絡を入れて相談することも選択肢にあるのでしてみてもいいでしょう。